マダム暮山誕生裏話①:SNS音痴Twitter参入の巻

前回記事では同一人物による対談という、とんだ茶番を演じてしまい大変失礼いたしました。

また、気長におつきあいいただき誠にありがとうございました。

(前回記事はこちら→ 【緊急企画】対談‼︎ 暮山(インドア主婦)vs暮山(マウンティングマダム) )

本日からは、突然の緊急企画の裏側をお話ししようと思います。

前回記事との関連性は深いものの、通常の一人称トーンに戻ってつらつらとお話しいたします。

ブログとSNSと暮山と

暮山、2021年5月5日にこちらのブログを開設して以来ブログ運営の楽しさに魅了され続けており、ますますインドア生活に拍車がかかっております。(同年6月14日現在)

ふと気づき、改めて指折り数えてみたところ、ブログを始めてからは一歩たりとも家の外に出ない日が週の半分以上を占めておりました。

(ちなみにカウント時には「外に出る用事」として、4〜5日に一度の庭のサボテンたちへの水やりも含めているあたり、いかに外に出ない生活かお察しいただけるものと思います。)

毎日せっせと楽しく文章や絵を作っていく一方で、一般人かつ際立った実績などあろうはずもないインドア主婦・暮山のブログは当然のことながら知名度ゼロ

どうしたら少しでも人様に見ていただけるものか…

と考え、某有名ブロガーさんのブログやYouTube動画でおすすめされていた

SNSに専用アカウントを作る

との手法を取り入れることにし、Twitter上での広報活動と情報収集をやってみることにいたしました。


対談記事にも記載がありますが、暮山、それまでは 友人や家族とLINEメッセージのやり取りをする程度 という、三十代にして定年後のご老人のようなレベルでしかSNSを利用したことのない女だったのです。

アルミホイル並みの強度しか持たぬ暮山のメンタルは、SNSの荒波にはきっと耐えられないと判断した結果でした。

暮山
暮山

SNS上では毎日、日夜を問わずマウンティング合戦が行われているにちがいない…!
発信力も行動力も積極性もない小心者の暮山がそんな恐ろしい場所に飛び込んだが最後…

一瞬で息の根を止められにちがいない……!

当時、SNSと暮山との心理的な距離感は日本とブラジルくらいあったもので、わりと本気でこんな風に考えておりました。

要はSNSは暮山にとって全く新しいものであるがために実態が分からず、ただただ恐ろしいものにしか思えなかったのです。

江戸時代末期の民衆の間で、写真に写ると魂を持っていかれると信じられていたのと近いものがありますね。


そんな江戸末期の民衆的マインドを令和に引き継ぐ暮山が初めて飛び込む、Twitterの世界。

それはブログの開設と運営に続く、暮山にとって未知の世界。

暮山
暮山

拙者はブログのノウハウを学び、わがブログの知名度を向上させるべくSNSに参上せし者…。
ここで噂に聞く魑魅魍魎の餌食になるわけにはいかぬ…!!

気分は江戸時代もすっ飛ばし、さらに昔の戦国時代の戦場に向かう侍(でも足軽)。

意気込んでありもしない刀の重みを腰の左側に感じつつ、SNSという大海に勢いよく飛び込んだのでした。



(次の記事はこちら→ マダム暮山誕生裏話②:詐欺師ノーサンキュー!初心者のTwitter術? )

にほんブログ村のランキングに参加しています。
おもしろかった!と思う方はクリックをお願いします♪

にほんブログ村 主婦日記ブログへ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA